yuru-storyゆるストーリー
ゆるストーリー

結婚し子どももいますが、ずっと忘れられない彼と再会してしまいました、への回答

ゆるストーリー

 

LINE@では、何かご質問やお悩みなど、お返事はできないかもですが気軽にどうぞ〜!とお伝えしています。

書くことで、思考が整理されることもありますから。

ダイレクトでお返事できない場合の方が多いのですが

お名前は伏せて、一斉メッセージや

ブログなどでお答えする場合もありますので、楽しみにお待ちくださいね。

ということで今日は、Nさんからのお悩みにお答えしてみたいと思います。

 

私は現在夫と3人の子どもを育てています。実は過去の彼を忘れることができずにいます。
その彼とは長く付き合い、結婚寸前で彼の心変わりで別れを告げられました。
その彼と先日、偶然、再開しました。

彼は結婚していて子どもはいないとのことでした。
軽く話しをした程度でしたが、彼はなんだか気まずそうな感じでした。

懐かしさもあり、また彼と会って、ゆっくり話をしたいと思ってしまいました。
現実は、連絡先を聞いていないので、できないのですが・・・またどこかで会えたらいいなと思っています。

彼にその気はないのはわかっているのですが、彼のことばかり考えてしまいます。どうしたら良いのかご助言ください。

 

ということですが・・・

 

考えてしまうと、あなたはどうなんでしょうか?どんな気持ち、どんな状態になると感じるのでしょう?

 

まず、過去の彼を忘れることができずにいるのは、最近会ったからなのかどうか、というところがわかりませんが・・・

多分・・・考え始めると居ても立ってもいられず、子どものことをそっちのけにしてしまったりして、旦那さんに対しても、なんだか罪悪感・・・といったところから辛い、苦しいという感じなのではないでしょうか?

 

そして、「どうしたら良いのでしょうか?」と聞かれているのでお答えしますが・・・

私はこのように「どうしたらいい?」と聞かれたら・・・

 

すかさず、必ず、誰にでも・・・

 

「あなたは、どうしたいの?」

 

とお返事します。

 

いかがでしょう?
あなたはどうしたいんでしょうか?
その通りにしてみてはいかがでしょう?

あなたの願いを叶えてあげてください。そうしたらスッキリしますよ。

これが私の答えです。現場からは以上です〜!

 

いや、本当にこの一言なんですが・・・少し気持ちを整理してゆきましょうね。

 

「懐かしさもあり、また彼と会って、ゆっくり話をしたいと思ってしまいました。現実は、連絡先を聞いていないので、できないのですが・・・またどこかで会えたらいいなと思っています。」

→ 思っても良いのではないでしょうか?

 

「彼にその気はないのはわかっているのですが、彼のことばかり考えてしまいます。」

→ 考えてしまうのを止めようとしても、考えてしまうのが脳の仕組みなので、そこはあきらめてください。

 

思ってしまうことも考えてしまうことも、何か悪いことでしょうか? 結婚しても恋してもいいと思いますよ。ダメと決めているのは誰でしょう?なぜでしょう?

 

仮に、その彼とは恋人ではなく、ただの友人だったとしたら、今のように考えないのでしょうね。

なぜ、考えてしまうのか・・・

それは、気持ちが残ったままだから、ではないでしょうか?

 

気持ちとは、今でも彼を好きとか愛しているとかそういうことではなくて・・・

傷ついたままの気持ちをその頃に残してきたまま=過去が未完了だからです。

 

 

 

 

「彼はなんだか気まずそうな感じ」とありますが・・・

そう見えた時、Nさんはどんな気持ちになりましたか?

 

逆に彼がもし、とても元気に幸せそうに過去のことなんか何もなかったかのように振る舞われていたとしたら、どんな気持ちでしょう?

 

「彼が気まずそうな感じ」なのは、どうしてだと思いますか?

結婚寸前に心変わりして「別れたい」と言ってしまったあなたを目の前にしているからではないでしょうか?

 

そう・・・それで、その時、あなたは・・・本当は・・・どんな気持ちだったのでしょう?

その時の感情はちゃんと感じ切りましたか?

スッキリするまで泣きましたか?

聞き分けの良い人になりませんでしたか?

 

結婚までのお話があった人なのだから、とても好きで愛していた、と強い気持ちがあったことでしょう。それが寸前に「彼の心変わり」によって別れを告げられたなんて・・・とても辛かったことでしょう。

 

あなたは、その時に、ご自分の辛さを誤魔化しませんでしたか?
あなたは、その時に、聞き分けの良い女になって、すっと引き下がりませんでしたか?
あるいは、多少はゴネてみましたか?私の何を直せばいい?って、自分が悪かったと自分に矢を向けませんでしたか?

 

どちらにしても・・・過去の彼に引きづられるのは、傷ついた自分自身の気持ちをまだその頃に置き去りにしたままだからです。

 

その当時に辛さ、悲しみを味わい切っていたら、気持ちを解消していたら・・・

「結婚寸前で心変わり」するような男に、「また会いたい」なんて思いませんよ。

 

あ・・・いや・・・人の気持ちは変わるものなのでね、彼のことを悪く言ってるわけではありません。その当時の出来事が完了していたなら、

「あら〜、あの時はよくもフってくれたわね!そのお陰で、今の旦那に会えて、3人の子どもにも恵まれたので、感謝だわ〜!」くらい言えるはず・・・

 

こういったお話の時、セラピーで質問してゆくと、こんな答えが出てくる場合もあります・・・

「許せない」「復讐したい」「自分と別れたことを後悔させたい」

 

・・・あれ?忘れられない理由ってソレ?みたいな^^;

 

まぁNさんの場合は違うかもしれませんが・・・

 

どちらにしても、セラピーの現場では、今回のケースであれば、タイムラインやエンプティチェアという心理セラピーのワークや、ヒプノセラピーなどで、その当時に、おざなりに扱ってしまった自分の感情(未完了の感情)を味わってあげたり、その時、本当はどうしたかったのか、なんて言いたかったのか、などを行って、過去を完了させてゆきます。

 

すると、考え続けてしまう・・・というところからやってきていた罪悪感や、辛さなどから解放されます。

 

また、今回だけではなく、人に何か言われ納得いかない時、つい我慢したり、相手に合わせたり、嫌われるのが怖いという癖がある場合、それは子どもの頃に作られた「今は不要なプログラム」なので、幼少期にまで遡り、インナーチャイルドを癒すことから始めたりします。

 

兎にも角にも「残したまま=未完了」だから、そこに引き戻されてしまうのね。

 

ご自分でその時の感情を解放するやり方もありますのでこちら→を読み、「カラダから感情を解放する、感じ切る、手放す催眠誘導」動画(約14分)→で、セルフケアしてみるもよし、和みのヨーガペコサークルでお手当てして、カラダと心を同時に緩めて解放してゆくもよし、なんならセラピーを受けて、さっさとスッキリされてもよし!あるいは・・・あなたがやりたい、と思ったことをやってみるもよし!です(^-^*)ノ

 

私の答えは、一番最初に言った通り、「あなたは、どうしたいですか?」です。

 

Nさんの欲しい答えになっていなかったら、ごめんなさい。勇気を出して、書いてくださってありがとう。誰かの欲しい答えがあったかもしれないので、こちらでお返事させてもらいました。懲りずに、いつでもメッセージ投げてね。

 

 

お待たせしている3名のブレスも、今日、組み終わりました!現在浄化中です。もうすぐです〜!楽しみにお待ちくださいませ!

 

まだオンラインショップもできていないのに、こっそりとご注文を承っております^^

 

仕事運のブレスをつけていただいてる人は、気がつけば「もうご馳走さまです〜!」というほどお仕事いただいて、うれしい悲鳴をあげていました( ̄▽ ̄)

 

ある方は、時折出ていた症状が「そういえばすっかり出ていない」とか・・・血液の循環を良くする石を組ませていただきました。

 

年内は13日までにご連絡いただければ、あとお二人さまなら、クリスマスに間に合うようサポートさせていただきます。

来年の目標や、叶えたいことに向けて、あるいは、こんなサポートが欲しい、などからでも、ご自身へのプレゼントにされてみてはいかがでしょうか?

こっそりLINE@からメッセージくださいね^^

質問や、お悩みもお待ちしております(^-^*)ノ

友だち追加

Category : ゆるストーリー
1分でユル若美人!無料メールレッスン

38歳からは鎧を脱いでユル若美人になる!

あなたは、まだ見当違いな頑張りやガマンを続け、エネルギー漏れのまま戦う女を続けますか?それとも…治癒力の高いカラダと、たおやかな心で、ここぞ!の時に「闘える女性」になって、ユルく若くキレイに生きてゆきますか?

7日間のメールレッスンには、カラダと心のコリを緩めるお手当て動画も付いてきます。読者全員に3つの特典!

無料メールレッスン詳細はこちら

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家 ペコ

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家として「ユル若美人プロジェクト」主宰。 カラダと心の両面にアプローチしてゆくヒプノヴォイスで自然治癒力にスイッチを入れることを得意とする。感じるカラダを取り戻し、自分自身に安心と豊かさを感じて生きたい女性のサポートと、癒しをご提供しています。7つの質問で自己紹介はこちら→

ブログ一覧へ戻る