struggle-woman戦う女
戦う女 , , , , , ,

SNS上のコミュニケーション、投稿、コメントで気をつけた方が良いポイント

戦う女 , , , , , ,

 

SNS上で

  • いつも嫌な思いをしてしまう
  • こちらの気持ちがわかってもらえない
  • そんなつもりじゃなかったのに・・・

というあなたは特に、昨日のブログ↓

 

全ての出来事には両面がある、と気づいたら問題はなくなる

 

を、読んで、この動画↓を観てね。

 

 

この動画で何が言いたかったかというと・・・

 

昨日のブログの「全てには両面がある・・・」という記事を読んで、たとえばあなたが、「そうだと思う」「うん、そうそう」「正しいと思う」と思ったとしましょう。

 

そのこと自体にも、あなたのフィルター(見方、考え方)がかかってますよ、ということに気づいておいてね〜!ってこと。

 

自分はそう思う。だからそうじゃないと思う人もいる、ということに気づいててね。

全体を見ようね、ということです。

特に最近多いのが、SNSでの人間関係のトラブルです。動画でも気をつけた方がいいよ、とおつたえしてますが、文字に起こすと下記のような感じです。

 

 

他者の投稿にコメントする時に気をつけること

 

これは、SNS上でのマナーで、もう多くの人が「知っている」と思うんだけど、「知っている人」は、自分が渦中に入ると、途端に「知らない人」になってることが多いからね^^;

たとえば・・・あるあるを具体的に書きましょうか・・・。

Aさんの投稿に、BさんがAさんとは違う意見をコメントしたとしましょう。

 

Aさんの投稿:私は・・・中略・・・なので、Cは〇〇すべきだと思います。

この投稿に対するBさんのコメント:Cは実は、XXで・・・中略・・・◯△■です。

Aさん:それは・・・中略・・・なので、Bさんの主張は自分の投稿として書いてください。

Bさん:そういう意味ではなく、Cは▲▲なので・・・中略・・・です。

Aさん:ここであなたと議論するつもりはありません。・・・中略・・・です。

Bさん:そんななつもりで書いたのではなく・・・中略・・・なんですけど、どうしてわかってもらえないのでしょうか?



だいたいこんな感じ。イメージできましたか?

 

動画では、あえてジャッジメントするなら、対応として態度として正しいのは、Aさんですね、と言いました。

 

自分が書いた投稿について、全く事実関係が不明なことに関して、あなたのそれは勘違いで、本当はこうなんですよ、などのコメントをしたり、「その捉え方っておかしくないですか?」なんて書いてしまうのは、「自分の正しさ」を一方的に押し付けているのと同じですよね。

お互い様なんだけど、SNSでは、自分の主張は、自分の投稿で書きましょうね、ということです。

 

SNSでも、身近なリアルな人間関係も、同じです

 

SNSって、自分の投稿を通して他者とコミュニケーションをしてゆくツールですよね。

どのようにコミュニケーションをとるかと言えば、いいね、などのリアクションや、コメントのやり取りが主になります。

 

自分の主張に対して、違う意見がコメントされた場合、良いパターンとして下記の2つ。

 

  1. 「なるほど」「そうなんですか?」「そういう捉え方もあるんですね」と、自分とは違う意見を尊重し、受け止めたり、新たな視点として取り入れる。
  2. それはあなたの主張なので、ここで論議はしたくありませんよ、という意思表示をする。

 

昨日のブログで書いたように、他人を自分に合わせる必要もなければ、自分も他人に合わせる必要もないのがこの2つのパターンです。

 

「自分の主張は自分のところで書いてください」と言われた時、

「あ…自分の主張を人の投稿のコメント欄でしたら、失礼だったわ。ごめんなさい。」と言えず

「そんなつもりじゃない」と、言い訳して、どんどん自分を正当化してしまうのは、「責められた」と思って自分を守ろうとする現れです。これは、好みの問題ではなく、心の癖ですね。

 

自分は◯だと思うけど、あなたは■なのね、と、その人のことを尊重できていない、両面を見れていない状態。自分は◯で、あなたは×ですよ、と言ってることに気づけていない状態です。

 

もし本当にそんなつもりがなく、さらにその人との関係を悪くしたくない、良くしていきたい、誤解を解きたいなら、「あ、ちょっとニュアンスが違ったかも。嫌な思いをさせてしまったかも。ごめんなさい。あとでメッセージします。」など一言添えて、直接メッセージしたり、話したりしましょう。

他者の投稿のコメント欄でやり取りするのは、タブーです。

 

また、自分の投稿に、ちょっとそれは・・・と思うコメントに対し誠意ある対応は?と言えば、次の3つ

  • 削除する
  • スルーする
  • 自分のところで書いてねとハッキリと伝える

です。

あなた自身も、感情に巻き込まれないこと。

遠回しに差し障りないように伝えていると、相手はどんどんつけ込んでくるし、やり取りしててエネルギーを使って疲れちゃうでしょ?

SNSも、身近な人間関係と同じですよ。

 

人間関係がこじれるのは、互いのフィルターで戦うから

 

私がよく講座でお話しするときに、「ニュース」と「報道番組」をたとえに使うのですが、

ニュースは、5W1H(when,who,where,what,why,how)などを使って、その時にわかり得ている事実を述べます。

情報番組では、そのニュース1つに対してコメンテーターが自分のフィルターを通して意見を言い合いますね。

コメンテーター同士、意見が合えば同調し、違うとバトルが始まったりする場面を見たことがあるんじゃないかと思うのですが・・・。

 

人間関係がこじれるのは、まさに互いのフィルターを通して捉えたことで戦っているからなんです。

 

たとえば、一般的に多くの人の目に触れ報道される事件に対しても、多くの人たちが反応しますよね。いじめ、虐待、DV、痴漢行為、セクハラ、パワハラなどは特に身近な問題なため、自分と似た境遇や、過去にトラウマになったことなどに対して、過剰に反応することもありますね。

 

またそれらを取り上げ、自分の考えや意見を投稿したりする人も多かったりしますね。私はその恩恵を受けてるんですけどね。なぜならテレビも新聞も見ないので、SNSで世の中で何が起こっているのかを知るので^^

 

事件には、被害者と加害者が存在します。

被害者の言ってることと、加害者の言ってることが違う場合があります。それでも裁判では、集まっている情報や証拠から、判定を下さなくちゃなりません。

でも、その判定が正しいかどうかは誰にもわかりません。わかるのは当事者達だけです。

 

互いに違うことを言ってるのであれば、真実は、もう第三者が判断できないところにあるものなんです。

ただ起こった出来事は事実ですが、真実は本人たち以外に、分かり得ない。

この事実に、各々の好みや心の癖から、フィルターを通して色々な捉え方をしている。

たとえばAさんが自分の意見を投稿し、違う見方をしているBさんがコメントし、バトルを始める・・・

 

それって滑稽なことをしてるな、と第三者目線になれたら、見えてくるのかなと思うのですがいかがでしょう?

 

なので両面を見ることができたら、争いはなくなるし、問題だと思ってたものは幻想だったと気づけますよ、ということなんです。

 

どんな見方をし、表現するのも自由です。

自分とは意見が違うことを書いている人がいても、スルーすればいいし、この人とは合わないな、と思ったら関わらなければいいんです。

コメント欄ではなく、自分のフィードで投稿すればいいんですよ。

ここは、リアルな人間関係とは、ちょっと違うところですね。

 

 

Category : 戦う女
1分でユル若美人!無料メールレッスン

38歳からは鎧を脱いでユル若美人になる!

あなたは、まだ見当違いな頑張りやガマンを続け、エネルギー漏れのまま戦う女を続けますか?それとも…治癒力の高いカラダと、たおやかな心で、ここぞ!の時に「闘える女性」になって、ユルく若くキレイに生きてゆきますか?

7日間のメールレッスンには、カラダと心のコリを緩めるお手当て動画も付いてきます。読者全員に3つの特典!

無料メールレッスン詳細はこちら

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家 ペコ

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家として「ユル若美人プロジェクト」主宰。 カラダと心の両面にアプローチしてゆくヒプノヴォイスで自然治癒力にスイッチを入れることを得意とする。感じるカラダを取り戻し、自分自身に安心と豊かさを感じて生きたい女性のサポートと、癒しをご提供しています。7つの質問で自己紹介はこちら→

ブログ一覧へ戻る