relax-tips緩むコツ
緩むコツ ,

感情に寄り添うとか、ネガティブな感情を感じ切るとか、感情解放とか、手放す方法とは

緩むコツ ,

ネガティブな思考や感情を手放しましょう

不要になったものを手放しましょう

執着を手放しましょう

 

手放せば、ラクになる、引き寄せられる、願いが叶う・・・いろいろあるかと思いますが、この「手放す」って実際、どうしたらいいのかよくわからないんだけど???

 

そんな質問をいただきます

あなたはいかがでしょうか?

手放したいもの、ありますか?

 

 

 

 

私はたくさんありました^^

自分で自分を生き辛くしてきた

思い込みや固定観念

関わる人が変わっても

似たような状況を繰り返すパターン・・・

 

そこから湧き上がってくる

過剰反応や不快な感情、そして妄想^^;

 

そしてそれら妄想からの不安や怖れ・・・

 

今でも、次へのステップの前には

必ず、こういった手放すサインが訪れます

 

その重たくなったものを抱えたままだと

もうこれ以上、進めないのよーっ!

超えるのシンドイから、おろしてちょーだい!!

というサインですね^^

 

掴めないもの、見えないものをどうやって手放す?

 

多くの場合、生き辛さって

なんでいつも・・・というパターンになってて

だから、そのパターンを手放せばいいんだろう、と

あなたも気づいているのではないかと思います

 

「手放す」って、悪いものや不要なものを

「捨てる」という感覚があるかと思いますが・・・

 

モノの断捨離とは違って

見えないし、掴めないし

感情やら、癖やら、思考といったものを

どうやって捨てられるんだよ?!って

聞きたくなりますよね?

 

私が行っている手放し方法のひとつをご紹介すると

  1. ただ、「ある」と気づいて
  2. 認めて
  3. 受け入れる
  4. そして感情を感じきる
  5. 最後に、「感謝の気持ちでお別れする」

 

たったこれだけで終了です♪

 

 

もう不要だと気づいたら

ソレに対してジャッジしないこと

 

ただ、あったよね、と認めて

その事実を受け入れてあげること

 

そして

「今まで守ってきてくれて、ありがとう」

です!

 

たとえば・・・

 

相手の言動に不安になり

勝手な妄想を始めちゃう

で、過剰反応して、感情的になって

相手との関係が悪化する

といったパターンを繰り返しちゃう場合などね

 

 

もっと具体的なあるある話をしましょう

 

メールしてもすぐに返事が来なくて、何度もメールしてしまう。それでも返事が来なくて、ついには電話をかける。でも、出ない・・・すると、いろいろな妄想が始って、その妄想が、自分の中でいかにも「事実」であるかのように感じ始め、もういてもたってもいられなくなる。

 

で、連絡が来た時には、「何で連絡くれないの?」「なんかやましいことでもしてたの?」と相手を責めたり泣いちゃったり?拗ねたり・・・

 

仕事でどうしても連絡できず、やっと連絡できた相手からしたら、いきなり、わけのわからない言いがかりで責められて、イヤな気分になるし、逆ギレなんてこともあるでしょう。で、言い合いになり、ケンカ^^;

 

めっちゃ、よくあるパターンですね~

昔々、の私はやったことあるし

されてもいましたぁ・・・( ̄▽ ̄;)

 

さて、これは「見捨てられ不安」が

強い人のパターンだったりするのですが

 

戦う女は、他にも、いくつもパターンを持ってて

そりゃあ、生きづらいでしょう

 

まぁ、姉御と隠れ戦闘女子タイプの人には

セラピーはオススメですよ

その方が手放しがめっちゃ早いから^^

 

戦う女度チェック

 

ご自身で手放しを行う場合は

上で書いた5ステップを行なって

手放す習慣をつけてってください

 

  1. まず、気づくこと
    「あ、返事が来なくて過剰反応してるな」
    そして、「どうして私はいつもこうなんだろう・・・ダメだな」
    などと自分をジャッジせず
  2. 「不安になって反応している私がいるんだね」と、ただ認めること
  3. 「いいんだよ。不安なんだよね。」と、受け入れてあげること
  4. 自分の気持ち、感情に寄り添ってあげて
  5. 今までありがとうね、と感謝してお別れする

 

今度は、この「感情に寄り添う」がわからないかな?

感情に寄り添うとか感じ切るとは?

 

感情に寄り添うとは、

そんなこと思っちゃう自分はダメ!とかジャッジせずに

その感情をちゃんと感じ切ってあげること

 

そして、感じ切るとは

その感情から逃げないことです

口に入れた、冷たいアイスを

スーッと溶けてゆくまで味わい切る感じ

 

なんだけど、辛い感情って味わいたくないから

ペッて吐き出しちゃって

逃げちゃったり、ごまかしちゃうのよね

 

頭、思考で

「あ〜ムカついたもんね、悲しかったもんね、わかったよ」

と処理してちゃダメなのね

 

それだとペッて吐き出して、「まずかったね」で

おしまいにしちゃってるわけ

それは味わってないってこと

 

なので脳(思考)や心は嘘つきだから、と

私は言うんだけども・・・

思考と心は嘘をつくけど、カラダは正直です

 

 

感情を感じ切り、手放してゆくセルフセラピー

 

書き出す

感情を感じるコツ、手放してゆくコツは、まず最初に、質問に対して、浮かんできた答えを書き出します。

  • どうして不安なの?腹が立ってるの?モヤモヤしてるの?
  • どうしてそう思うの?
  • 前にもあった?それは誰から、どんな風にされたことで感じたのかな?と、ひとつひとつ自分に問いかけながら、紙に殴り書きしてゆきます。

込み上げてくるものがあれば、ちゃんと泣いてあげましょう。

書き終わって、気分が落ち着いたらその紙を処分してください。切り刻む、くしゃくしゃに丸める、燃やす・・・安全な方法で、どのようにしても構いません。

 

体感して解放してゆく

そして最後の仕上げにさらに体感してゆきます。一度紙に書き出し、処分して落ち着いたのですが、さらに、体に残ったままの感情を解放してゆくために、体に意識を向けてゆきます。

 

目を閉じて、深呼吸して、その書いたことを思い出しながら、めっちゃ嫌な感覚マックスになったら、カラダのどこが反応しているか観察してゆきます。

そのカラダの反応がある部分に手を添えて、体の声、気持ちがわかる人は、積極的にイメージしてカラダの声を聞いて感じてあげてください。

なんて言ってる感じがしますか?その声を受け止め

「そうだったんだよね、そうだよね」

と声をかけてあげましょう。そのうちに、その嫌な感覚が小さくなってゆきます。

 

最後に

「今まで、我慢してくれてありがとうね」

とその部分に手を添えて、愛、光、なんでもいいので、気持ちの良いエネルギーをイメージして手当てしてあげましょう。

 

このすべてのステップにおいて、否定やジャッジ、なんで?などの質問もしないこと。どんな自分にも、全部OKを出すこと。

気づき→認め→受け入れ→感じて味わい→感謝する

 

大事なことなので、もう一度

 

  • ジャッジしない、否定しない
  • ないことにしない、捨てようとしない
  • 「ある」を認めて受け入れる
  • ただただ感じてあげて、最後にありがとう

 

これが手放しのやり方の一つ、一連の流れです。このセルフセラピーができるようになると、本当にラクになっていきます。

体感の部分は特に、流れを覚えるのも大変かと思うので、後ほど、誘導の動画をアップしますね。アップされたらお知らせが行くように、ぜひこちらから→チャンネル登録しておいてください♪

動画を見ながら、聞きながら、一緒にやってコツをつかんでみてくださいね。

 

Category : 緩むコツ
1分でユル若美人!無料メールレッスン

38歳からは鎧を脱いでユル若美人になる!

あなたは、まだ見当違いな頑張りやガマンを続け、エネルギー漏れのまま戦う女を続けますか?それとも…治癒力の高いカラダと、たおやかな心で、ここぞ!の時に「闘える女性」になって、ユルく若くキレイに生きてゆきますか?

7日間のメールレッスンには、カラダと心のコリを緩めるお手当て動画も付いてきます。読者全員に3つの特典!

無料メールレッスン詳細はこちら

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家 ペコ

戦う女性のカラダと心をユルユルにする専門家として「ユル若美人プロジェクト」主宰。 カラダと心の両面にアプローチしてゆくヒプノヴォイスで自然治癒力にスイッチを入れることを得意とする。感じるカラダを取り戻し、自分自身に安心と豊かさを感じて生きたい女性のサポートと、癒しをご提供しています。7つの質問で自己紹介はこちら→

ブログ一覧へ戻る